言葉を覚えるのは人間としての喜び

小学校入学前の子どもは、知識を遊びの中で習得していきます。
ひとーつ、ふたーつ、と数をただ数えるだけでも、子どもは楽しいものです。
子どもにとって、学びとは知的な遊びと位置付けるのが望ましいです。

小さいうちから勉強する習慣を身に付けるのは、将来のためにもとても大切です。
しかし、押しつけがましかったり退屈であったりすると、子どもは勉強を嫌がるようになります。
小学校から高校、大学までの長い勉強期間が苦痛で終わってしまうのでは、子どもがかわいそうです。
それを防ぐために、知ること学ぶことは楽しいのだということを、早いうちから実感させるべきです。

スマホの知育アプリの利点は、子どもが楽しく遊んでいるうちに知識を得られるというところにあります。
子どもの視覚聴覚に効果的に働きかけるものが多いのが、子どもが楽しめる理由の一つです。
内容も子どもが喜ぶよう工夫されているので、飽きさせずに学びを継続させられます。
スマホなのでいつでもどこでも遊ぶことが出来て、塾通いなどに比べ親の負担もかなり軽減されます。
何より、親も一緒に楽しめる充実したアプリがたくさんあるので、子どもの成長を感じられます。

今回は、言葉・数・音楽の三種類の学習内容に絞って、それぞれの特徴を紹介していきます。
子どもの気分や成長に合わせて何種類かを使い分けるなど、状況に応じた使い方が出来ます。
親の働きかけ次第で、子どもの能力は大きく伸び、将来の夢や希望が大きくふくらみます。
知的活動は人間の喜びの一つであることを、子どものうちに体感させてあげましょう。

好奇心をくすぐる楽しい学びはスマホアプリで

言葉は、人間だけが使うことの出来る意思疎通の手段です。 言葉を覚えると、子どもの脳はそこから急激に発達します。 ものの名前をたずねてくるようになったら、それは学習意欲が芽生えている証拠です。 見て聞いて触って楽しめるスマホアプリを使えば、子どもは一層言葉に興味を持つようになります。

数字に親しみ算数大好きっ子を目指す

大人が想像する以上に、子どもは数字で遊ぶのが大好きです。 数え歌や指遊びなど、子どもが遊びを通じて数を覚える機会はたくさんあります。 楽しみながら数字を覚え、やがて抵抗なく算数や数学へと興味を持つのが理想です。 スマホアプリを上手に活用して、子どもの可能性を広げてあげましょう。

親子一緒に楽しめるのが音楽の良さ

子どもは、歌ったり音楽に合わせて手を叩いたりするのが大好きです。 音楽は子どもの表現能力をおおいに促し、心が伸びやかに育つお手伝いをします。 大人も一緒に楽しめるので、親子の一体感も味わえます。 情操教育の一環として、スマホアプリを大いに活用しましょう。

▲ページTOPへ戻る