数字に親しみ算数大好きっ子を目指す

数えることを遊びにしてしまう

数の概念を理解する前提として、数の名前を覚えることが必要になります。
まずは、楽しんで数字に慣れてもらうのがよいでしょう。

字の読めない子どもにとって、聴覚は重要な情報源となります。
話すことができなくても、耳で聞いて自分のものにしていきます。
その点、スマホアプリは音声が出ますので、子どもの興味を引き付けます。

もちろん音声だけではなく、子ども向けの画像が満載なのもスマホアプリの利点です。
しかもタップ出来ますので、触って遊べるのも大きな魅力です。
問題に正解するとほめてくれたり、数と一緒に動物などの名前も覚えられたりするアプリもあります。

数えて遊ぶアプリは、数字に親しむ第一段階として、子どもが楽しめる内容のものばかりです。
お母さんが、子どもに数え方を教えるためのヒントとしても活用するのもいいですね。

遊びの中で計算や図形の基礎を身に付ける

少しでも早く子どもに算数を学ばせたい、と考える方は少なくありません。
スマホアプリを使えば、塾に行かなくても自宅で、しかも楽しんで学べます。

スマホアプリは画像や音などに工夫を凝らしているので、子どもが喜んで取り組みます。
ゲームで遊ぶような感覚で、気がつけば自主的に勉強していることになります。
子ども自身がやる気をみせてくれるのは、親にとっては何よりうれしいことです。

逆に、あまりに子どもが楽しそうにやっていて、本当に力がついているのか不安になるかもしれません。
その場合は、親が子どもの学習進捗状況を管理できる機能が入っているアプリもあります。
子どもの頑張りが目に見える形でわかれば、子どもをほめる材料になります。

本人が勉強している自覚がなくても、知らず知らずに算数が好きになっていたらしめたものです。
小学校入学前の準備として、子どもと一緒にアプリを選んでみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る